「産官学連携」では、最近のテクノロジーの動向、企業・大学の技術開発の動き等をタイムリーに紹介していきます


週刊科学新聞
週刊通信情報
【購読申込み】
産官学連携TOP バイオ ナノテク IT その他



 「産学連携」紹介
「産学連携」では、最近のテクノロジーの動向、企業・大学の技術開発の動き等をタイムリーに紹介していきます

 過去記事検索
 [検索方法]


















新無線技術を早期実用化へ、YRPにフォーラム設立
IT】発信:2009/07/21(火) 17:51:26  

  YRP研究開発推進協会(神奈川県横須賀市光の丘)は、新しい無線通信技術を利用したシステムやサービスを、世界に先駆けて実現するための研究開発や活動などを行う「ブロードバンドワイヤレスフォーラム」を7月3日に設立した。

  2010年代には、電波利用の質・量が爆発的に拡大すると予想されており、家庭内ワイヤレスシステム、ITSの高度化、次世代移動通信システムなど新しい無線通信技術を利用したシステムやサービスが実現するほか、新産業創出、地域活性化、環境問題への対応など、新分野での電波利用が期待されている。

  また、そうした新しい電波利用の実現には、研究開発・標準化の推進や、テストベッドを活用した相互接続試験、システム・サービスの国際展開の検討などを行う場が求められている。

  新発足した「ブロードバンドワイヤレスフォーラム」では、こうした状況を踏まえて、新たな無線通信技術を利用したシステムやサービスを世界に先駆けて実現するため、国際展開を念頭に置いてアプリケーションなどの研究開発を今後推進していく予定だ。

  さらに、ユーザー参加型のオープンテストベッドを活用したシステム相互接続試験や実証実験などの企画・実施を行い、新しい電波利用システムやサービスの早期実用化に貢献していきたい考えである。

  このフォーラムには電気通信事業者やメーカー、研究機関、学識経験者など100者が参加した。会長には土居範久氏(中央大学理工学部教授)、副会長には村上輝康氏(野村総合研究所シニアフェロー)が選任された。事務局はYRP研究開発推進協会が務める。(科学、7月10日号1面)



次の記事:微細構造で表面積増大、新白金ナノ粒子開発..
前の記事:半導体量子メモリーで世界最長量子情報保持時間達成..

【IT】ジャンルの最新記事
07/21(火) 新無線技術を早期実用化へ、YRPにフォー...
07/17(金) 半導体量子メモリーで世界最長量子情報保持...
07/06(月) 日本のICT製品の国際競争力評価、平成2...
06/24(水) モバイル環境の医療情報通信システム開発コ...
06/18(木) 新形式の有機LED作製、単純な構造で低コ...

 

知財情報局または情報提供各社による記事の無断転用を禁じます。

ABOUT US 免責事項 リンク 広告掲載
Copyright 2002 Braina Co., Ltd. All Rights Reserved.