「産官学連携」では、最近のテクノロジーの動向、企業・大学の技術開発の動き等をタイムリーに紹介していきます


週刊科学新聞
週刊通信情報
【購読申込み】
産官学連携TOP バイオ ナノテク IT その他



 「産学連携」紹介
「産学連携」では、最近のテクノロジーの動向、企業・大学の技術開発の動き等をタイムリーに紹介していきます

 過去記事検索
 [検索方法]


















テラヘルツ技術を新産業にNICTが技術動向調査実施
その他】発信:2009/07/24(金) 13:24:29  

〜センサー・通信・標準分野のロードマップ策定〜

  情報通信研究機構(NICT)は、(財)テレコム先端技術研究支援センター(SCAT)に委託し、テラヘルツ技術動向調査委員会(委員長:永妻忠夫・阪大大学院教授)を設けて「テラヘルツ技術動向調査」を実施したが、『センサー』『通信』『標準』の3分野におけるロードマップ策定などの調査結果について、第78回テレコム技術情報セミナー(SCAT主催)で発表した。

  委員会ではこれら3分野の部会を設置し「ニーズは何か」「テラヘルツ技術に何が期待されているのか」「そのためにはどういう技術課題があるのか」を検討、さらに「その技術課題の克服に向けて、またターゲットニーズの達成に向けてどのようなロードマップで研究開発を進めていけばいいのか」を明らかにした。その調査結果を、6月26日に開いた第78回テレコム技術情報セミナー「テラヘルツ技術を新産業に」の場で発表したものである。

  現在、テラヘルツ技術に対する関心と期待が高まっており、毎月のように日本のどこかで技術セミナー、研究会、シンポジウムが開催されている。国際的にもテラヘルツ技術に特化した会議が開かれたり、欧米の主要学会が主催する会議でも、テラヘルツ技術関連のセッションやシンポジウムが行われている。

  今回の調査では、現在「技術シーズが醸成する」段階から、「応用(ニーズ)が牽引する」段階への転換期であるという認識に立ち、3分野の各部会や、これが集まる全体委員会で活発に討論した。総勢19名の委員が参加したほか、アンケート調査により50名を超える専門家の意見も集約した。

  その結果、センサー応用に関しては「ユーザー側の視点でまとめ、どこまでの機器の小型可搬化、データ取得の高速・高感度化、低コスト化等を目指す必要があるか」について、その指針や方策を示した。

  通信応用については「高精細映像およびデータ伝送の分野での大容量無線伝送技術、大容量データを扱う分野での近距離(1〜10m)無線が期待されている」ことを明示した。また、光ネットワークの進展に呼応して2020年頃には100Gbps無線の実現が望まれており、これを10年以内に実現できるのは、テラヘルツ技術が最有力候補であるという結論付けも行った。

  標準分野では、各種標準などの基盤技術の早期確立により、ユーザーが簡便に操作でき、精度保証されたテラヘルツ帯の各種計測機器の開発が促進され、テラヘルツ技術の市場拡大につながっていくと予測した。

  NICTでは今後、今回策定されたロードマップを参考とし、テラヘルツ技術を早期に産業利用へ結びつけ、大きな市場を形成するための研究計画を策定し、テラヘルツ技術の研究開発を加速する予定だ。(科学、7月10日号5面)



▲ 上記の記事は最新記事です。
前の記事:微細構造で表面積増大、新白金ナノ粒子開発..

【その他】ジャンルの最新記事
07/24(金) テラヘルツ技術を新産業にNICTが技術動...
07/13(月) 触覚が温度知覚に影響する錯覚を発見...
07/07(火) 「がらがら」と鳴る超伝導ラットリング現象...
06/26(金) 産業革命以前のアジアの農耕地拡大でその後...
06/25(木) タヒチの化石サンゴを解析前々回の氷期終焉...

 

知財情報局または情報提供各社による記事の無断転用を禁じます。

ABOUT US 免責事項 リンク 広告掲載
Copyright 2002 Braina Co., Ltd. All Rights Reserved.